このページの本文へ移動

日本語┃ English한국어简体中文繁體中文

こんにちは、北九州空港の平尾です。
前回ご紹介した別府・湯布院ルート以外にも大分には魅力的な観光地があるので、今回1泊2日のモデルコースとしてご紹介します!大分には1回来たことがあるよ~って方は参考にされてみてくださいね。それではどうぞ♪

今回の旅行行程はこちら☟

1日目👣
10:00レンタカー受け取り
10:00北九州空港発
11:00中津城
12:00中津唐揚げ
13:30宇佐神宮
14:30長崎鼻
16:00昭和の町
19:00別府市内宿泊

2日目👣
9:00臼杵城下町
12:00関アジ関サバ
14:00原尻の滝
18:00北九州空港着

中津城

2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公である黒田官兵衛が築城した中津城。かぶと鎧の展示物が多く 、コンパクトながらも見ごたえのあるお城でした!

中津城について詳しくはこちら

中津市はからあげの「聖地」とも言われていて、数多くの唐揚げ専門店が点在しています。私たちも違うお店で100gずつ買い、食べ比べをしてみましたよ~♪
にんにくが効いていて美味しかったです◎

宇佐神宮

中津市から車で1時間走ると右手に見えてくるのが宇佐神宮です。日本三大八幡宮の1つで、全国に4万社以上ある八幡宮の総本社でもあるんです。太古からの原生林に囲まれた広大な境内は、澄んだ空気に包まれ、日ごろの疲れを吹き飛ばしてくれますよ♪♪

宇佐神宮について詳しくはこちら

国東半島のドライブコース

宇佐市からさらに車を走らせて、国東半島にある豊後高田市へ。その先端に位置する「長崎鼻」は、「花とアートの岬」と呼ばれる人気の観光スポット!今回は2000万本と九州最大級の菜の花がちょうど咲き誇る時期で、海風に乗った菜の花の香りが心地良かったです◎夏のひまわりの時期も人気ですよ~♪

長崎鼻について詳しくはこちら

映画のロケ地

豊後高田市のもう一つの観光地といえば、「昭和の町」。街の至る所に隠されたどこか懐かしい風景は、ドラマや映画のセットとしても使用されたそうです!!

そんな街中を散策していると、学校給食を再現・提供しているお店を見つけました!このアルミのおぼんとお皿、懐かしいですね~~!!おなかがいっぱいだったので、私たちは揚げパンだけを注文しましたが、「ナポリタン」「竜田揚げ」が人気メニューみたいです。小学校時代を懐かしみながらぜひ楽しんでください♪

昭和の町について詳しくはこちら

臼杵の城下町

2日目はさらに南下して、臼杵市へ。背の高い石垣と白壁の建物が並び、ゆったりとした時間が流れる城下町を散策。着物で街歩きを楽しんでみたくなる、そんな場所でした。

臼杵城下町について詳しくはこちら

関アジ関サバ

海沿いをドライブしながら漁港の「佐賀関」へ♪注文後に魚をさばいてくれるので、鮮度は抜群!!ボリュームたっぷりの海鮮丼は臭みもなく、どれも身がぷりっぷりで美味しかったです。

関アジ関サバ館について詳しくはこちら

東洋のナイアガラ??

海側から内陸側へと進路を変更し、田園地帯を進んでいると突如現れるのが「原尻の滝」!真上からも真下からも滝に近づく事が出来るので、しっかりマイナスイオンを浴びてリフレッシュしてきました。

原尻の滝について詳しくはこちら

温泉県としてのイメージが強い大分県ですが、魅力的なスポットがまだまだ沢山あるんだなと再発見出来た旅でした。
次回の旅もお楽しみに。それではまた。

このページのトップへ戻る